パソコンを使用している人
  • ホーム
  • SEO対策として必要なサイト構成とは?

SEO対策として必要なサイト構成とは?

SEO対策をする時にはサイト構成を考えることが何よりも欠かせません。サイト構成とは同じサイトにどういうコンテンツを配置するのかを考えることです。ただ、適当に配置していては関連性が無くなり、纏まりがない構造になりますので、SEOとしてあまり好ましいことではありません。

サイト構成を行うに当たり、タイトルとキーワード、ディスクリプションという3点は目的を持って記述をしないといけません。ユーザーにとって分かりやすいだけでなく、Googleなどの検索エンジンにとっても分かりやすいことが求められます。この3点によってきちんと構成をした上で、内容を充実させてください。それによって、ユーザーだけでなくGoogleにも正しい評価を受けることにも繋がります。

ページ内のタグを用いてタイトルであれば、ページを代表するキーワードを用いて30字以内に構成をします。タイトルであれば、検索エンジンにおいて太字で表示されますので、見てみようと思うものならば、滞在してみようと思う可能性が高いです。サイト内で同じようなタイトルを付けるのではなく、分かりやすいように独自なものを付けるように心掛けてください。

ディスクリプションであれば、ページの概要を120字以内で記述するようにしてください。概要はこのページがどういう内容を扱っているのかを、キーワード込みで説明するということです。あくまでユーザー目線で記述することを心掛けて、適量な文章にするのが望ましいです。

キーワードというのはページの核になる部分で、このワードで検索した時に上位で表示されることを目指すのがSEO対策の肝です。コンテンツに含める時には、多すぎることなく適度に含めることがポイントになってきます。

サイト構成においてはパンくずリストを表示させることも重要です。パンくずリストとはユーザーが今どの階層にいるのかを分かりやすく上部に表示するリストで、これにより迷子になることを避けることに繋がります。何のために必要なのかというと、Googleのクローラーに巡回されやすくするためと、内部リンクを張ることに繋がるためです。ユーザーにとっても検索エンジンにとっても分かりやすくなるという意味では、表示しておいたほうが良いでしょう。

サイトにどういうコンテンツがあるのかということを知らせるために、サイトマップを作成しておくのも有効です。サイトマップはxmlファイルで作成し、検索エンジンに知らせたり、ユーザーにどういう構成になっているのかを分かりやすくする効果があります。