パソコンを使用している人
  • ホーム
  • 中古ドメインを使用するなら301リダイレクトをしよう

中古ドメインを使用するなら301リダイレクトをしよう

中古ドメインを有効活用するために、301リダイレクトをした方がいいです。301リダイレクトはサイトを恒久的に移転先へ転送することになります。ユーザーを適切に移転先へ誘導するだけでなく、この手続きを行うことにより、今までの評価についても引き継ぐことになるので、きちんとインデックスが行われ、SEOにとっても有効です。特に評価が高いサイトの場合は内部構造の変化やドメインの変更などにおいて301リダイレクトを行うべきです。301リダイレクトは新しいコンテンツをインデックスし、検索結果に新しいURLを表示することにもつながります。

301リダイレクトを行う時には、webサーバの設定ファイルであるhtaccessファイルを書き換えるだけで構いません。書き方としては、Redirectpermanent転送元URL転送先URLという形で記載をすればいいです。複数転送するのであれば、複数同じような記載をします。転送元URLは相対パスで、転送先URLは絶対パスで書くようにしてください。書き方が間違っていないのかどうかを、きちんと確認することをおすすめします。実際にリダイレクトされているのかどうかをしっかりとチェックしましょう。

中古ドメインで運用をしている時には、被リンクについてもきちんと評価を受けたと思っているはずです。ただ、被リンクは主要ページに一番多く張られているはずですが、いろいろなページにも多くあったりします。それは別にかまわないことですが、現在使われていないページに被リンクが張られているとそれは効果が落ちますので、現在使われていないページから主要ページに301リダイレクトをすることによって、被リンクの効果を落とさずに済みます。

どこからどのページに被リンクを受けているかというのは、Ahrefsというツールで調べれば一発で分かりますので、被リンクを整理します。Ahrefsで調査したものをリストで出力しそれを整理した上で、リダイレクト先を決定する必要があります。被リンクが多いところは主要ページなはずですから、中古ドメインで新しく運用としたとしても、特に上位表示しているページに転送したほうがいいです。そのようにwebサーバでも設定をするべきです。

301リダイレクトは全く意味がないページに転送することになるとスパム認定されることになって、評価を下げることにつながりますので注意してください。意図的でなかったとしても、設定ミスなどでスパム認定されないようにきちんと転送するべきです。