パソコンを使用している人
  • ホーム
  • 中古ドメインと新規ドメインを比較してみる

中古ドメインと新規ドメインを比較してみる

独自ドメインを取得する時に中古ドメインと新規ドメインがあります。中古ドメインは以前使われていて有効期限が過ぎたドメインなのに対して、新規ドメインは新しいドメインのことです。取得したいドメインがどちらに該当するのかというのは、ドメインエイジというツールで調べることが可能です。実際にドメインを入力してボタンを押下すると、ドメインの取得日が表示されます。取得日が表示されるものは有効期限が過ぎた中古ドメインもしくは現在も運用が行われているドメインで、表示されないものは新規ドメインに該当します。

新規ドメインは新たにブランディングを行うのであれば、新しいイメージを想起することにつながりますので、とてもふさわしいです。サービス名とドメイン名が同じであれば、長期にわたってブランド構築を行うことができるでしょう。更新頻度は1年ですので、ずっと持ち続けるためにはお金が必要になります。

新規ドメインは一から検索エンジンに認識されるまでに時間がかかるところがデメリットです。クローラーが巡回するまでに1か月から3か月ほど時間がかかりますので、それまでは検索エンジンにとってサイトが無いのと同じような状態になります。検索上位で表示されるまでにはとても時間がかかるということを意味します。コツコツと更新頻度を高めてコンテンツの質を高めていく努力をしていく必要があります。

中古ドメインのメリットは何よりも運用履歴を引き継ぐことができるということです。そのことによってクローラーの巡回が早かったりしますので、すぐにSEO対策の効果を確認することが可能です。ただし、被リンクの質やペナルティの有無、運用履歴などについて確認をしておくことが何よりも求められます。特に質の高いサイトから被リンクがついていれば、かなり有利な状況でスタートすることができますので、SEO対策という点からすると有難いです。

中古ドメインは過去の評価を受けることができ、いい評価をもらっているのであればメリットに該当しますが、ペナルティをもらっているなど悪い評価をもらっているのであればデメリットに該当します。悪い評価を受けているものを新たにドメインとして利用をすると、いくら品質のいいコンテンツを作ったとしても何ら意味がないことになります。中古ドメインをどのように手に入れるのかがポイントです。

中古ドメインと新規ドメインはドメインエイジというツールを使えば簡単に分かります。どちらにもメリットとデメリットがありますので、それを理解した上で利用をしたほうがいいです。