パソコンを使用している人
  • ホーム
  • サブドメインって何?ちゃんと説明できますか?

サブドメインって何?ちゃんと説明できますか?

サブドメインは、独自ドメインを分割するためのドメインです。独自ドメインとして付けられた名前の前に、サブドメインという形で文字列を付けます。このことでドメインを複数に分けることに繋がりますので、1つの独自ドメインを持っていれば、複数のサブドメインを構成することが可能です。複数のサイトを独立した形で運営することが可能ということです。

サブドメインからメインページに対して被リンクを張ったとしても、それは外部リンクという判定ではなく、内部リンクという判定になる点に注意してください。内部リンクという判定になるので意味がないと思われがちですが、内部リンクを介してメインページに流入するとアクセス数が増えますので、それはそれで意味があることです。結果的に独自ドメイン全体の評価を上げることにも繋がります。

初めから独自ドメインの評価を受け継ぎますので、新たにドメインを取得するよりもSEOの評価を受け継いだままサブドメインの運用を行うことができます。逆に独自ドメインの評価が悪ければ、サブドメインの評価に関しても評価が悪い状態から始まりますので、注意してください。しかし、サブドメインの評価については各々で評価をされる点に気を付けるべきです。

www.を付けることについてはあくまで慣例ですので、別につける必要はないです。最近ではURLにwww.を付けないサイトも増えてきていますので、SEOの観点からしてもつける意味はありません。賦与すること自体にあまり意味が無いので、そこにはあまりこだわらないほうがいいです。

独自ドメインを分割するための方法としてサブディレクトリもあります。サブディレクトリはメインページの下層に作られるもので、独自ドメインをスラッシュで区切りその後に文字列を付けます。メインページの下層という扱いになりますので、基本的にはメインページに関連する記事を配置しないといけません。サブディレクトリの評価によってメインページの評価にも繋がったりしますので、メインページとの関連性が求められるでしょう。

サブドメインとサブディレクトリをどう分けるのかにおいて、SEOの影響はほとんど変わらないです。SEOの影響としてどうなのかを考えるよりは、コンテンツをきちんと分類することを優先させてください。メインサイトに対してテーマが異なるのであればサブドメイン、メインサイトに関連するならばサブディレクトリを選んだほうがふさわしいです。