パソコンを使用している人
  • ホーム
  • サイト運用後にペナルティを受けてしまう原因

サイト運用後にペナルティを受けてしまう原因

パソコンを使っている男性

サイト運用後にペナルティを受けてしまう原因として、悪いSEO対策をし過ぎることがあります。そういう対策をし過ぎることにより、Googleから悪い評価を下されるということです。悪い評価を下された時に、ペナルティとして順位の低下やインデックスの削除になるので、Googleから検索を経て流入することは難しくなります。

誤ったSEO対策というのは、Googleが出しているウェブマスター向けガイドラインに反した内容ということになります。このガイドラインに沿ってSEO対策をすればペナルティを受けることは無いにもかかわらず、それを読んでいないのか手っ取り早い小手策の対策に終始することによって、ペナルティをもらうということです。サイト運用後に悪いSEO対策をしないためにも、ガイドラインぐらいは読んでおいたほうがいいです。

運用後のペナルティの原因はドメインではなく、サイトの質や間違ったSEO対策などが要因となっています。つまり、自分たちでそれをを招いており、それはコンテンツと被リンクが原因になります。これらはGoogleが最も評価しているところですので、いい影響も悪い影響も考慮し、悪い影響を受けた場合にはペナルティをもらうということです。

コンテンツが原因になっている場合は、スパムコンテンツになっていたり、キーワードを詰め込みすぎたり、内容が全くなかったり、サイトの質が根本的に悪かったりします。内容が不適切で、とても薄かったりする場合には、コンテンツの質が高いとは認められないです。広告しかなかったり、コピーコンテンツしかなかったり、自動生成したものだったりする場合も、内容が薄いのでいい評価を受けることはありません。

被リンクによってペナルティを受けるということもあります。発リンクが不自然だったり、自作自演の被リンクだったりする場合にはいい評価を受けることは無いです。低品質なコンテンツから不自然に被リンクをもらうということも、スパムだと認識されることがありますので注意してください。低品質なサイトやリンクというのはスパムと同じようなものですので、こういうものに関わらないのが得策です。

コンテンツが優れていても、被リンクが低品質なものばかりである場合や、またその逆の被リンクが高品質なものであっても、コンテンツがそれほど良くなかった場合は、ペナルティをもらうことになります。両方よかったとしても、運用の仕方によってペナルティをもらうこともあるので注意してください。